商品が並ぶ棚は、おもちゃのおへや

いよいよ店のインテリア部分を具体的に決める時期になりました。

一番迷ったのは「陳列棚」です。今までのお店で使用していた棚も並べることで、すべてが新しく変わってしまうのをさけられるかな?と考えました。ピカピカも素敵ですが、せっかくのリノベーション店舗。おひさまや11年の歩みを感じながら、新店舗で頑張りたい。思えば11年前に店をオープンする時、棚を買うのに勇気がいりました。こんなにお金がかかってる…とドキドキしました。店舗用什器を買うお金も勇気も無く、ユニット棚を並べてオープンしました。

untitled

なんという素朴さ!!!!!こんなお店に買い物に来てくださったお客様にほんっっっとうに感謝します。やがて少しずつ商品が増えてきて、棚を買い替えました。高さもどーんと大きくなりました。既出の写真ですが、改めて。

141751219153963100_subject

盛り盛りですね…。新店舗の棚は白木でなく濃い色にしようかなと悩みました。濃い色の棚だとおもちゃが映えるかなとか、子ども寄りでなく、ちょいオトナ寄りのお店もいいかなとか色々考えました。設計士の丸山さんに相談して「明るい白木でいこう」と決めました。

なんと!棚を斜めに配置しました。大工の堂園さんと設計士の丸山さんが、棚を動かしながらベストの位置を一緒に考えてくださいました。ベストの位置に設置するために、天井のダクトレールを一本はずしてペンダントライトに変更しました。

CCB39D2B-CA20-4FA7-AF50-7ABB175ADC09

こういう「他の店にはない感じ」が、おひさまやらしさを醸し出してくれると信じています。

棚板の角を少し丸く。細かいところまで希望どおりです。

645D536D-B747-48FD-B4C6-36C91F044FFC

棚の一番下にストックスペースを。まあるい取っ手が可愛い!この「一番下のストックスペース」は長年の希望でした。嬉しい!

FEE1F290-E51D-438D-98FE-176CD17EE9CF

棚が完成しました。たくさんおもちゃが並びそうです。

481045AA-74B8-4ED0-9825-8D4373009892

今まではスペースの都合で箱入り新品が並びました。なるべくサンプルを棚に並べて、新品をストックヤードから出すスタイルにしたいのですが、広くなれば置きたいおもちゃも増えるし、置けるおもちゃも増えるし(笑)またすぐ「盛り盛り」になるかもしれませんね!

おもちゃたちのおへやが完成しつつあります!

個性を感じる壁紙を。

授乳室とトイレは海外の壁紙にしようと考えて、ネットでリサーチしていました。ドイツの壁紙は質がいいし、イギリスの壁紙は柄が素敵だし…見ればみるほど迷います。予算もあるので、たまたまサマーセールをしていた壁紙専門店に注文しました。宅配便で到着!

AEC8A63C-2788-4230-8C9F-CD836F2B2837

思ってたより水玉が5倍くらい大きかったけど(笑)なかなか素敵です。

自分で貼るとシワになったり柄合わせがずれたりしそうだったので、プロにお願いしました。とっても気さくな壁紙職人さん。接着剤を壁紙に塗るマシンが来ました。

58C41373-BBD2-48F7-BD54-09B72C736645

セッティングOKですね。職人さんが壁紙を機械に通して行きます。

B79ACB5B-0516-4CE1-BB5B-507FADF9BC16

どうなってるんだろう…と思いつつ、邪魔にならないよう遠目で見守りました。

授乳室は上半分と下半分で違う壁紙にしました。モロッカンインテリアをテーマにしたおもちゃ屋らしからぬお部屋にしたいので、こだわりました。壁紙が最重要な部屋です。

B9BB8FF1-B8BC-4522-820A-5B4B627153A3

「柄合わせが大変やった〜」と笑顔の職人さん。日本の壁紙よりも幅が細いので、貼る作業が増えるそう。しかも、この複雑な柄を合わせる作業を一人でできたということにびっくりしました。プロやわ…。

4BFE30C8-C702-4EFF-884F-F9B413CA66CA

仕上げにブラシで抑えています。こういう作業を見るのが本当に楽しいですね。工場で壁紙を張って運んで来て、組み立てるだけのおうちが増えているそうですが、こういう職人の仕事を子どもたちに見せてあげたいものです。

じゃじゃーん!完成です!!

20098C54-7106-4A66-B2A9-92846353E3F9.jpeg

むらさきの壁紙は、少しふわふわした素材です。授乳室に一緒に来たきょうだい児さんが、壁紙に触れた時にヒヤリと冷たい感覚がないように。

F4D74D13-AB3F-4DFF-8534-0F570B814746

おぉ〜!!あやしい!いいあやしさです(笑)

思ったより大きくて心配していたトイレの水玉模様も、可愛らしい仕上がりに。

2393172D-4263-495B-B1AA-54FC67650F59

うん、子どもが描いたみたいでかわいらしいです。トイレトレーニング中の子も、楽しい気持ちになるトイレインテリアにしようと思って、こんなトイレットペーパーのロールを選んでみました。

1E55BF08-3B96-4167-B2B6-254FC4D64545

あぐーーーー(笑)

口からトイレットペーパーがでます。あら、お顔を綺麗に拭いてから撮影してあげないといけませんでしたね。

季節でリボンを変えてみようかな。気づく人がいるかはわかりませんが、こっそりね。

 

在庫を置く、だけでなく。

増築して作った倉庫スペースは、とっても落ち着くんです。

2017-08-05 08.14.19

前入居者さんが置いていった照明をとりあえずつけてます。

2017-08-05 08.15.23.jpg

この斜め天井がいい感じ!大工の堂園さんが棚を作ってくれました。

2017-08-29 16.33.01

たくさん置けそうです。今までのお店のスペースはぐらいの広さです。

2017-08-19 17.51.09

あんまり広いので、ミニキッチンを入れました。

2017-09-02 11.06.50-1

このサイズを探すのは苦労したなぁ。スタッフさんとお茶するゆとりができますように。小さめの冷蔵庫も買ってしまいました。初めはホテルの部屋にあるようなミニ冷蔵庫をイメージしていましたが、あれこれ考えて、2ドア冷蔵庫をチョイス。もう、ここに住めるような気がするわ(笑)

窓も堂園さんが作りました。今はまだ開きませんが、網戸も作ってくださるそう。なんでも作れる大工さん!!すごい。

2017-09-04 16.11.35 hdr

倉庫スペースはもちろん在庫を置く場所ですが、スタッフが少し息抜きできる場所にという気持ちもあるので、窓の前にラグやクッションを置いてみようかな。窓を背に床に座ってお茶…って、楽しそう!

いい素材で綺麗に作ってもらえたので、倉庫すら癒し空間になりました。

 

手洗いは、可愛く楽しく

トイレと授乳室の間に手洗い器を設置することにしました。あまりこのスペースは広くないので、授乳室の中に手洗い器を設置して、トイレは手洗い器付き便器にするか…と迷いました。こういうちょっとしたスペースこそ、工夫したい。その思いをわかってくれるのが設計士の丸山さんです!

現場に行くと「大工・マルヤマ」に変身していました。

2017-08-23 16.55.18-1.jpg

レジカウンターにカーブをつけてくれていました!
壁塗りだけではなく、大工仕事までこなすなんてすごいなー。
「手洗い器のカーブも見てくださいよ〜」とにっこり。どれどれ…。

2017-08-17 17.24.09.jpg

素敵なカウンターです!我が家のトイレのカウンターもカーブにこだわって作りました。実はトイレ、よく褒められるコーナーでした。常連のお客様は新店舗のここで、前のお店のトイレの面影をみつけてくださるカナ?かなりマニアックですが。

小さなコーナーにふさわしい小さな手洗い器を選びました。
とっても可愛らしい。
キッチンを見にいったショールームでも検討していましたが、結局、カクダイのカタログから選びました。水栓金具も可愛いものをチョイス。

右上の窓は、丸山さんのアイデア。狭くて暗めのコーナーなので、明かりをとるための窓です。このままだとレジカウンターの中や在庫をスペースが覗けてしまうので、キラキラのガラスタイルをはめました。

Before

2017-06-25 14.02.17.jpg

右のドアはトイレ。左のドアはキッチンへ続いています。この左のドアを壁にしました。

After

2017-09-02 11.42.38

水道屋さんが「かわいらしかー!」と顔をほころばせた手洗いコーナーが完成しました。

水はねしても大丈夫なようにキッチンパネルを貼っています。

おひさまやでは、ウイルス感染防止のため、タオルは置いていません。ハンカチをお持ちくださいね。
最近はエアタオルやペーパータオルがどこでも用意されているので、ハンカチを持たない若者が多いそうです。エジプト文明頃から身だしなみの布としてあったらしい「ハンカチ」。おひさまやへはハンカチを持ってお越しくださーい。

 

 

大工の堂園さんがエントランスのウッドデッキを作ってくれました

IMG_3463

いい感じに。

IMG_3461

玄関の右側の壁面を生かせないかな、と丸山さんと話して、小さいショーウインドウを壁に作れないかお尋ねしました。壁に「このくらいの…」と印をつけて、堂園さんに相談。

2017-08-19 17.57.00

「できますよ!」と笑顔の丸山さんに、「作るのは俺やから…」と堂園さん(笑)でも、どんなリクエストでも挑戦して叶えてくれています。写真の右にいるのは、建築士を目指して勉強中の学生さんです。夏休み中はアルバイトを兼ねて現場の勉強だそうです。

IMG_3462

くるん。カンナで削った木。いい香りがします。

8月26日。お願いした翌日には、イメージ通りのショーウインドウが完成していました!

さすが堂園さん。左官さんが外壁を塗ったあとは、いっそう素敵。

IMG_3536

丸山さんが「白い雨樋がイヤですねー、玄関のだし…」。新たな課題ができました。

小さなショーウインドウは、裏側からおもちゃを入れ替えでできるようになっています。

IMG_3757

何を置こうかな。楽しみ!

外壁の色。モデルはオーストリアのカフェ。

いよいよ外壁を塗ってもらう日が来ました。打ち合わせでは、小さなサンプルを見て選びますが、面積が広いから想像するしかありません。難しいなー。

いろいろありますねー。最初は黄色の壁を考えてました。おもちゃ屋っぽい楽しい色にしたいなと思って。あと、ドイツのこういう家の色が楽しいかな、と思って。

IMG_2790

「他で見たことない」驚きを演出したいのですが、新宮町には黄色の壁の家が結構ありました(笑)そこで、設計士の丸山さんとあれこれ相談…。そんなとき、NHKドイツ語講座を見てたら、オーストリアの素敵なカフェが映りました。思わず写真を撮る!!

2017-07-16 00.33.13.jpg

かわいいなー!!このぐらいラブリーでもいいんじゃないかな、おもちゃ屋なんだし。
そう思ってピンク系にしました。なかなかの思い切り…。でもどピンクではなく、少し落ち着いた色をチョイス。左官さんが塗ったらどうなるでしょう。

IMG_3529.JPG

少し塗ってから、左官さんが壁を眺めて「…硅砂ば少し混ぜるね?」。

IMG_3532.JPG

砂を混ぜると、色と風合いが変わるそうです。まぜまぜして、壁に塗ると…
IMG_3764.JPG
おー、なんか落ち着きましたね。元々は玄関だったところは、大きなショーウインドーに生まれ変わりました。

エントランスにはもうひとつ仕掛けがあります。待て、次号!!(笑)

こだわりの天井=漆喰グラデーション!

さて、いよいよ下がり天井に色を塗る日がきました。

IMG_6531.JPG

壁にちょこっと色がついてるのは、私が「グラデーションにしたい」と言ったのを受けて、設計士の丸山さんが試しに手で塗ったらどんな雰囲気か…と絵の具を塗ったあとです。大工さんが壁を貼ったら、ちゃんと隠れました(もちろん、隠れるとわかっているからお試ししています)。

IMG_6771

左官さんの登場!まず汚れてはいけないところに養生します。

IMG_3487.JPG

「ザ・職人」という風格がありますね〜。

使用する漆喰は私が選んでみました。

IMG_3424

バイオの力が生きる野菜酵素が含まれている漆喰です。設計士の丸山さんが常々おっしゃっている「施工する人たちの健康も守る」ことを念頭に選びました。今回はグラデーションを2色で表現できないか?と提案してみました。

左官さんが漆喰を見ます。なんとなく緊張するわたし…。

IMG_3490.JPG

すぐ濡れる練りこみタイプです。これはキャロット。美味しそう!

IMG_3491

「このまま使えるんやね」と左官さん。すっすっと塗っていきます。

IMG_3493

IMG_3505.JPG

大工の堂園さんもでしたが、左官さんも首の筋肉が強い!たぶん背筋も強い!

「つやつやに仕上げるのではなくて、荒い感じにしたいです」とお伝えすると、ブラシを手になぞり始める左官さん。くるくると弧を描きます。

おぉ。どうなっていくのでしょうか。お次はラディッシュという名前の色を塗ります。

IMG_3507

可愛いピンク色です。ここからブラシで混ぜるようにしながらグラデーションをつけていいきます。

IMG_3514.JPG

もう少しグラデーションが欲しい…と思っていたら、設計士の丸山さんが「ちょっとやってみていいですか」と脚立へ!

IMG_3513.JPG

塗装屋さんも左官さんも「必ずやると思った」と笑っていました。きっと丸山さんはどこの現場でも、自ら汗を流す人なんだろうなと職人さんたちのあたたかい笑顔を見て感じました。私も“思い出の一塗り”だけ(笑)

IMG_3534.JPG

イメージと違う…手が動きません。やってみると難しいですね〜。

もう少し混ぜて、もっと思い切りグラデーションつけて、などみんなでワイワイ言いながら漆喰塗りが完成しました。

数日経って、乾燥したら少し色が薄くなりました。

IMG_3552

大工の堂園さんや設計士の丸山さんと「位置をどうするか」で、さんざん悩んだダウンライトがつきました。

少し離れてコーナーをみると…あら可愛い!

IMG_3595.JPG

8月30日。ここにノルベルト社のついたてセットを組み立てました。ますます可愛い!!

IMG_3677

ここは遊べるコーナーになります。陳列棚が詰め込まれた「売るだけの店」でなく「行くのが楽しみになる店」「遊びに行きたい店」になれそうです!

そうそう、左官さんは親子で来てくださってました。息子さんもザ・職人という感じ!

IMG_3510

頭にタオルが素敵。左官さんも大工の堂園さんも、クーラーもなく暑いのに集中して作業しています。黙々と仕事をする職人、かっこいいですね。

IMG_3488

左官さんの道具も、かっこいい!